エンジニアもどきの雑記

メモ帳です。きっと。macアプリ配信windowsでもできるようになるまで絶対にメイン機にしないマン。特筆しない限り環境は【win10home,i5-7200u,8g,64bit,巨乳が好き】

Gopher君がかわいいので、GoLang入れてみるonWin10

表題の通りです。 使ったこともないし、今後しばらくは間違いなく使う機会がないのですが、 とりあえずGo入れてみます。

とりあえず公式からDL windowsはmsiあるのでとりあえず落とす。 macはhomebrewじゃないかな。

Downloads - The Go Programming Language

f:id:dddpga1:20171112000121p:plain

NEXT

f:id:dddpga1:20171112000231p:plain

ライセンスに同意にチェック】→【NEXT

f:id:dddpga1:20171112000359p:plain

C直下にGoを配置することを確認】→【NEXT

f:id:dddpga1:20171112000530p:plain

INSTALL

f:id:dddpga1:20171112000608p:plain

FINISH

f:id:dddpga1:20171112000837p:plain

さて、これでインストール自体は完了。 それだけは問題ないね。ただnext押し続けるだけ。

所謂【GO ROOT】はmsiでインストールした時点で勝手に設定してくれている様子。 環境変数を見ると確かにあった。

一旦確認のためにpower shellで

go version

f:id:dddpga1:20171112004234p:plain

できてるね。うん。

ついでにC://Users/username/直下にdevってディレクトリ作っときます。 開発用ディレクトリ的な。

とりあえず、【Hello world】やろう。エンジニアの新しい第一歩はいつもここから

公式を見てみる。

f:id:dddpga1:20171112002356p:plain

とりあえず上記ファイルをdev/go/srcに作成する。

f:id:dddpga1:20171112002553p:plain

わらた。【touch】コマンド使えんのかい。仕事がmacでiTermばっか使ってたしpower shellのalias結構linuxに寄せてるってどっかでみたので大丈夫かと思ってた。

とりあえずvim

vim helloword.go

先ほどの

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

を記入して保存。 とりあえず入門者として完全に意味はわからなくてもいいでしょう。ある程度の推測はつくけど、正確なものは今はわからない。 わかるころには入門者くらいにはなりたいね。

ビルドします。

go build helloworld.go

するとカレントディレクトリにhelloworld.exeが出来上がってました。

helloworld.exe

画面に【hello, world】が出てればとりあえず成功! 多分!

とりあえず入門第一歩はできたと予想! 全然goに関する知賢がないので、go getくらいしかしらない。

とりあえず時間を見て適度にやってみます。

ここを見てみよう

golang.jp